健康食品、化粧品、ヘアケア商品の通信販売と健康食品、化粧品のOEM製造

ピラティス教室選びは東京で


まず初めにピラティスを始めるとどうなると思いますか?
まずはじめに自然に背中がしゃんと伸びます。そしてお腹がきゅっと引き締まり、おしりがグッと上がりすらりとした手脚になります。
そうすると体の重心が上がり 自然に背筋が伸びます。
ピラティスは身体の中心にある背骨や骨盤を支える筋肉を鍛えます。
ピラティスで「身体の芯の筋肉」が鍛えられると、身体の歪みが改善され骨と筋肉が有るべきところに付き、全身のバランスが良くなります。
筋肉が柔軟になるので、体つきもしなやかに日常の立ち振る舞いや歩く姿勢が美しくなります。
ピラティスは、もともと骨や筋肉を正しく使う為の、リハビリ用のトレーニングなので始めると腰や肩周りの筋肉が安定して、首や肩の凝りをほぐし、腰痛や膝痛、節々の痛みも改善してくれます。
すると関節が柔軟になり、身体をダメージから守ります。
身体が軽くなり、動きやすくなります。
ピラティスをする事によって、正しい呼吸ができるようになります。
すると体の細胞が活性化し自然治癒力も高めます。
最後に、内臓まわりの硬くなった筋肉をマッサージして、腸が活発になり便秘が治り、リンパの流れや血行が良くなり、冷え性やむくみも解消します。
posted by hikari at 18:23 | ピラティス

ピラティスの歴史


ピラティスの歴史


ピラティスの創始者ジョセフ・ピラティスは、1880年にドイツで生まれました。
ジョセフ・ピラティスは、とても病弱な子どもでしたが丈夫で健康な身体をつくるための目標を自分で決めて実行し、14歳の頃に


その後アメリカへ移住してアメリカ、ニューヨークにピラティス・スタジオを開設します。
そんなジョセフ・ピラティスのピラティス教室は、身体を傷めやすいダンサーたちの間で少しづつ話題になりました。

そして多くの有名ダンサーたちがピラティスの効果に啓発されていきました。
ジョセフ・ピラティスは、1967年に87歳で亡くなりました。
ジョセフ・ピラティスが築き上げたピラティスの運動理論。それは、現代人のための正しい健康の指標としてますます人々に支持
posted by hikari at 13:59 | ピラティスの歴史

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。